Humor

ハヤシです。色々その時々書きたいことを書きます。

アンビバレント女子会


◼︎梅雨が近づいている
雨の日に電車で毎日通勤をする身としては、もう遠い国の選挙運動よりも強い力で布団の中にいたい気持ち。それを振り払い、唸りながら支度をする。なぜ雨の日の通勤が嫌かというと、あの電車の中特有の香りである。あの芳香は9割方、僕と同じ性別を持った、ダンディズムを掲げた男たちが発するものに違いないのだが、、、あれがかなりのストレッサーですよね。僕も歳を重ねて、ゆくゆくは煙たがられるに違いないのですが、最大限、他人の気持ちを害すというところにおいては努力していきたいと宣誓する5月のある水曜日。

◼︎首を傾げている
僕はカード類をよく落としてしまう。一種の人間性といってしまえばそうだが、自分でも病なのではないか、と疑いの目を向けてしまう。今日も今日とて高田馬場駅から「拾得物ありまっせ」のラブコール。昨日は昨日で日本橋駅へSuicaが買い物に出掛けてしまって、お迎えに上がりましたが、、、これ、特殊技能として認められて企業から特別手当出ませんか、ね。

◼︎口を塞いでみる
言霊の力は確実にあると実感することがある。僕は結構人に聞かれれば結構何でも話しちゃう節がある。で、好きな人が出来たと話せばその恋は良いところまで行くことなく成就せず、試験めっちゃ簡単やったやん!と豪語すれば落ちて噎び泣き寸前まで行ったことがある。要は神みたいな立場の人が「お前なに調子乗ってんねん、あかんやろ」といった感じで運命を調整するときに言霊が作用しているのではないか、と思っている。なので最近は秘密を明らかにするのは後出しにしようと心がけている。しかし、人間性をすぐ変えることは容易ではなく、「あの子、いいと思うんだよね…」とか気づけば言っちゃっいて、したらその子に彼氏がいることが判明、、みたいなハムレット並みの悲劇がよく、ある。でも、この理論、スピリチュアルし狂っちゃってて自分で書いてて引きました。

◼︎人の格を感じる
始めてみて気付いたんですが、日記はタイトルを考えるのが1番難しいです。僕みたいな小市民が小難しいタイトルつけたら知名度は無いわ、理解できないわで負の連鎖ですし、奇をてらっても鼻につくし…。例えばMr.Childrenさんが「巨乳」とかいうCD出しても、これは何かのメタファーだ!とか言ってかなり売れちゃうと思うんですよね。僕も「巨乳」とかタイトルにつけれるように日々邁進していきたいです。