読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Humor

ハヤシです。色々その時々書きたいことを書きます。

Baby 今夜だけ、たどり着きたい....松屋

イントロダクション

1ヶ月以上も更新を止めてしまっておりました。蜘蛛の巣を掃除しつつ、記します。更新を止めていたあいだにも、400アクセスあったみたいですが、、なんでだ?!顧客離反を防ぐために「はてなブログ」の運営の方々が朝夜、血眼になりながら適当にアクセスしているのだろうか。謎、である。

 

ある日

今年に入ってから、映画をあまり観ていない。2014年から本格的に始めた映画鑑賞も今年に入ってから上半期で鑑賞数16本という前年比25%という体たらくぶり。鬱屈とした気分から目を背ける「現実逃避」のために映画を観始めたのがはじまりなのに。なぜ観なくなったかというとDVDでの映画鑑賞に僕のゴミみたいな集中力では耐えられなくなってきたというのが1番大きい原因です。ぼくの家はテレビも無ければ、充実した音響設備もありません。よって、PCでの鑑賞を余儀なくされるのだけど、これがもう嫌がらせかと思うほど全然良さが伝わってこない気が迫りあがりまくってきやがるわけです。じゃあ設備整えれば?とも言われかねないですが、まあそれなら映画館ばかりで見ればよいという超パワープレイ解決策を思いつき、断行しており、もうここ1ヶ月は映画館に行き狂っています。なんかオススメありますか?僕が一番好きな映画と言われていま浮かんだのは、邦画では「トニー滝谷」、洋画では「クラッシュ」です。

 

ある日

最近、僕の読書量は過去最高レベルのペースを刻んでいます。僕の読書量には波があって、全く本が読めない時期と一転、読書中毒になる時期がありましてね。いまハイペースな理由としては「エッセイ」ものが非常に昔と比べて胸に響く年齢になったということがまず一つ。他人の所感に触れるのは一つの快感。あと「村上春樹」作品の面白さに気づいたのが読む気スイッチを押したきっかけになったのかと。(笑)をつけたくなるくらい、月並みなことかもしれないが、いまの僕にとって、本当に面白い。批評とか評論は個人の趣向、好き嫌いをどのような言葉で連ねるかみたいなところがあるので、書かないし、書くスキルもないけど、「エッセイと村上春樹」みたいな、ある層からは鼻つまみモノなセットが今、自分の中でキテいるのアル。

 

ある日

小学生時代のぼくは結構やんちゃかつ変な子供だった記憶があって、学校が終わってからすぐに野球やら鬼ごっこやらに出かけたり、先生と喧嘩するみたいな面もあれば(まあ、いま思えば喧嘩じゃなくてあしらい)、渡部篤郎に憧れて、無口でクールなのが「マジでイケてるし、女の子からモテるっぽい」と、考える節がありました。ですが、まだ小学生。母親がひらがなで書いた自分の名前が歯ブラシにランドセルに入っているくらいなので、あんな色気と貫禄が出ることはなく、それはそれはモテませんでした。それにあの頃すでに人間社会の怖さ、陰湿さみたいなものを知覚する体験をしています。それはある下校時のこと。僕には一応、一緒に帰る子がいるくらいはコミュニケーション能力が備わっていたみたいで、一緒に学校の近所の坂を下っている時のこと、道にそれは立派なう○こが落ちておりました。ソレは当時の僕らからすると、都知事選くらい話しのネタになる物でした。その日、僕は給食後、歯磨きをしようと思っていたら歯ブラシを忘れておりました。目を凝らしてソレを見てみると、見覚えのある歯ブラシがソレに突き刺さっている。3秒沈黙。それこそ村上春樹的、世界の転換現象に苛まれたのか??まさか・・と、疑うのもつかの間、持ち手の部分に紛れもなくマジックで僕の名前。ああ、なんて人間とは残酷で、生きるとは過酷なことよ、、、と6歳の僕は独り言ちたのでありました。皆さんも歯ブラシの管理には用心していただければと思います。今日の私、いや6歳の私からは以上、です。