読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Humor

ハヤシです。色々その時々書きたいことを書きます。

夜更かし男

  みなさん。いかがお過ごしですか。時期も10月になりまして、朝、窓を開けると秋の香りがするようになった気がしてましたが、梅雨みたいな天気になっちゃいましたね。2016年も残り3ヶ月ちょい。私的には年内にも内外両面ドドドッと自分を変えていく算段をしているので頑張りたいです。(仕事の見積もりが甘いと常々言われますが、自分がヤル気になっとることくらいは達成させたい所存)

 

   最近、業務が押し付けられる感じでやたら増えており、いまは凌いでいますが3ヶ月後には干し芋みたいな顔になっているであろう状況です。ある日も爆弾みたいな仕事の引き継ぎがあり、地獄やな…と思い、コールタールのようなストレスを抱えて山手線内回りに揺られました。その後、僕は西武新宿線で帰途につくのですが、その日、隣の席には子連れが座っておりました。赤ん坊の顔を見ると、もうそれはそれは異常にかわいい。この世の汚れを知らず、これから想像もしないことの連続であろうけど、なにも経験したことがない無垢な顔がそこにはありました。僕は赤ん坊と目が合うと、反射的に変顔をして笑わせようとするのですが、(変顔が通用しないと、母子ともに怪訝そうな顔で此方を見てくるので、心で泣く)その日はもう絶好調。僕ははたからみたら放送コードに乗せられない人間のように変顔バリエーションを披露していました。目をかっ開きながら、舌をべろべろしていると、「赤ちゃん…いや赤さまが欲しい!!赤さまとお風呂入りたい!街へ繰り出したりしたい!」という内なる声が!しかし!いますぐに手に入れることは叶わない、誘拐する訳にもいかないし、僕は身体の構造上、赤さまを身籠ることは出来ません!さあ、どうしたものか!何も考えずにため息まじりでカツカレー食べました。オーケー人生。

 

 「怒り」という映画を見ました。以下、ネタバレに留意して綴ります。

 

 「怒り」のあらすじ:ある夏の日。八王子で夫婦が殺害される事件が起きた。その現場には、手のひらに付着した血液で書かれたとされる「怒」という文字が残されていた。その犯人は「山神一也」と判明するも逃亡、整形をして1年以上、今もどこかで”普通の生活”を送っているという。そんな折、東京と千葉と沖縄の3つの舞台で「山神一也」と思しき人物が。彼ら三人は身元不詳だったり偽名を使っていたり、無人島に一人で住んでいたりと、一様に怪しさ満点。やがてその三人は人生のターニングポイントともいえる人物に遭遇し、それぞれの暮らしを営んでいく。しかし、彼らのパートナーらは報道で明らかになっていく山神一也の情報を見るに連れて次第に"山神一也似の男"に疑念を抱いていく。果たして犯人はこの中に存在するのか。彼らと出会う人々は、葛藤を乗り越えられるのか。

 

 なんでいきなり映画の批評をはじめたんだ??!こいつ!ってなるでしょうけど、その理由は明快、「とんでもない傑作」だったからです。邦画でこんなに涙を流したのは、記憶にある限り「空気人形」以来でしょうか。 役者陣はそれこそ全員が主役級。週刊少年ジャン*でよくある強さのインフレ状態。脇を固めるのも、ピエール瀧池脇千鶴高畑充希とこれまた豪華。なので、名演技が随所で光ります。僕はある人物(犯人)があるシーンで見せる「眼」が焼き付いて離れません。あんな恐ろしい眼ありますか。(ちなみにmy favorite 眼の演技はアメリカンヒストリーXのエドワードノートン。これはちょっと凄すぎて、ボクに衝撃が走った。)あとは役者の吐く言葉がこれまたすごい。

「信じてくれてありがとう」

「難しいよな、本気は目に見えないから」

「2人で抱え込むことないだろう」

「分かろうとしない人にはどんだけ伝えても伝わらないんだよ」 

文章だけで見たらなんてことはない科白です。 しかし、声と文脈、状況が交差すると脳髄と胸を射抜くのです。そして自分の中に堆積していく。ほんと、映画の科白には勇気づけられたり、教訓を得ることができます。

本作の登場人物は全員自己猜疑心に苛まれている節があります。(僕自身にもある。)人間みな平等だろうよ、と言っている人(ある意味タフな人)は一生共感できない感情ですね。でも確かにこの世の原理原則は平等じゃないから。また、個人の感情なんて本当に些細なもので、その基では常識があり、習慣があり、モラルがあり、法律があります。こんなお堅いシステムで暮らしている以上、デリケートな人ほど住みにくい世界です。でも、登場人物もそうであったように、何かしら別の結論に行き着くことが出来ると思います。それは現実世界じゃなくシステムの枠組みを外した、人と人との関係性の中に内包される別世界でしっかりと受け入れられる。それが「救い」なんじゃないか。その「救い」をしっかりと秘めて、生きていけばよいんじゃないか、と。さて、それぞれの人物にどんな結末が用意されているのか、それはぜひ劇場で確かめていただいて・・・。まぁ万人に勧められないけど、少なくとも僕は観て良かった。