Humor

ハヤシです。色々その時々書きたいことを書きます。

不慣れなあの子

あまりにも感動してしまうことが

数時間前に起こってしまい、

心の整理がつかないので

これは記さないといけない!!

という半ば義務感で書いている。

 

私は今日、朝から打ち合わせの連続。

クライアントに提案を2本、

赤坂に移動し、最後は古巣の

(とはいっても、半年前までは

毎日のように通っていた)秋葉原で、、、

という過密なスケジュール。

天気もすっきりせず、そのスケジュールも

相まって心の中も天気に同調するように晴れないままだった。

 

事件はその秋葉原で起こる。

私は秋葉原で何をしたかというと、

あるアイドルグループのローンチイベントが

行われるという情報を得たので、

そのイベント観覧をしなければいけなかったのである。

 

私がいまの勤めている会社で行っているのは

社内全体のリソースを用いた「広告営業」である。

女性誌、音楽、アニメ、テレビ、webメディアと

幅広い分野を稼働しているので、

ある時はカメラの展示会、

ある時はアニメのイベントにと、

まさに「ニシヘヒガシヘ」と日々動き回っている。

 

今日のイベントはスマホゲームから端を発しており、

作品上のアイドルグループの声優をやっている

女の子5人が実際にグループ活動を始めるというものだった

それだけだと全くこちらとしては商材にならないという判断になるのだが、

バックには大手ゲームメーカーと

大手音楽レーベルがついていたので、

提案の材料になりえるということで、

観覧に至ったという経緯である。

 

時間は18時。会場には様々なメディア、

媒体の関係者が準備を行っており、

カメラやノートパソコン、メモなど

各々の臨戦態勢を敷いていた。

私と先輩社員の2人は取材のスキルは

持っていないので、名刺のみ準備しておけばよい。

仕事は果たしたので、

あとは静かにイベントを眺め、立ち去る算段をしていた。

そんな中、メディアの囲み取材が始まった。

簡単なSEの後にアイドルたちが登壇する。

「ん・・・!」、顔を眺める。

ふっ・・普通だ!!

格好はいわゆるメイドコスチュームを基点とした、

萌えの要素が入っているものの、

ルックスはアイドルとして「普通」だ!!

(十分に世間では可愛いレベルに達している。)

撮影の後に、質問タイム。

ホコリを被った義務的とも言える質問に

アイドルは全力で応えていく。

そんな中、不慣れで言葉がなかなか出てこない女の子がいた。

それもそのはず、この5人の中、

2人は声優活動を行ったことがなく、

オーディションで選ばれた「素人」なのである。

一番長身である「不慣れなあの子」は

「場に不慣れという個性」を

武器にできている印象もなく、

気の利いたことも言えずにいた。

取材が終わると、一般客が押しかけてきた。

部屋の収容人数は100名ほど。

あっという間に部屋は男臭さで満たされてしまった。

僕らメディア陣は一般客追いやられ、

後方で観劇することとなった。

一番、後方席右端にその場に

似つかわしくない2人が視界に入る。

私は即座に気づいてしまった。

あの不慣れな女の子の親だ、と。

父らしき人物は客を見て、

口を弓なりにして非常に苦い顔をしており、

母らしき人物は客を見て、

ハンカチで口元を押さえ不安そうな顔をして

舞台を見つめていた。

 

イベントがスタートする。

イベントでは2曲、生歌で披露されるという。

この日のためにスクーリングをし、

準備を行ったという情報を伝えられていたものの、

あんな不慣れな受け答えを見てしまうと

こちらが不安で押しつぶされそうだった。

部屋が暗転し、アニメーションが流れる

学園祭、アイドルを目指すといったよくある展開。

楽曲が始まった。

5人が再び登壇し、歌い、踊り始める。

思ったより悪くない。

踊れているし、やはり歌が上手い。

 

その後、一般客向けに自己紹介が始まり、

キャラを模した意気込みが語られる。

メンバーは「一番かわいいアイドルになりますっ!」

とか

「バームクーヘンが大好物ですっ!バームクーヘンちょーだい!」

といったキャラを絡めた自己紹介を難なくやってのけた。

しかし、不慣れなあの子は

「あっ、あの〜〜、これから頑張っていきます!」

というセリフを2回も繰り返してしまった。

メンバーのサポートもあり、

会場は温かい拍手を送っていたが

表情は明らかに緊張は解けていないままであった。

 

2曲目が始まる。少し壮大なPOPなナンバー。

クオリティはやはり高い。

メンバーがそれぞれに全力で歌い上げ、

縦横無尽に踊っていた。

観客もそれぞれ楽しそうだ。

曲が終わる。観客の拍手が辺りに響く。

すると、不慣れなあの子は両手で顔を覆った。

泣いているのだ。

ステージを終えたことで、嬉し泣きをしているのだ。

その場では私は「これ計算だったらすごいっすよね」

という腹黒発言を

先輩社員に言い放って笑いを得たのだが、

心では大泣きしていた。

 

はて、これまで私は仕事で泣いたことがあるだろうか?

記憶の引出しを探ってみたが、見当たらない。

しかし、あの子は涙が抑えきれなくなっている。

全力だったのだ。

舞台は武道館でもドームでもない。

秋葉原ゲーマーズというアニメ作品が

陳列されているただのショップだ。

 

ふと、後ろを振り返る。

その子の父らしき人物はハンカチで目頭をぬぐっていた。

彼女たちは「武道館とかに立ちたい」と言っていた。

とかってなんだよと思ったのだが、

50歩ほど退いたところで気にかけておきたい。

武道館とかに立つその日まで。