Humor

ハヤシです。色々その時々書きたいことを書きます。

架空のインタビュー

いま日本の若手バンドで一番勢いがあるといっても過言ではないであろう「Minnesota shore」。今年だけで言っても、1月に新潟で開催された「UJI ROCK FESTIVAL'18」に出演。デビューから2年半の短いキャリアながら、KIMONO STAGEの約3千人を沸かした。また5月に開かれたUKでの音楽フェス「Lollapalece」に出演。日本人の出演はフェスの歴史から見ても異例。英国での評価もウナギ登りと言うから驚きだ。またフロントマンの飯竹はバンド活動と並行し、自身でwebメディアを運営しており月間1億ユニークユーザーと並の出版社でもなかなか出せない数字を出している。いまでは30人を抱える1つの企業となっている。彼らは日本の音楽界におけるドン・キホーテなのか?眼光鋭いビジネスマンなのか?2ndアルバム制作中の多忙なスケジュールの中、そのフロントマン飯竹とベースを担当している岸に話を聞いた。

取材・構成:シュザイタイチ 撮影:サツエーコ

 

──バンドを始めたきっかけを教えてください。

飯竹浩二(以下、飯竹) 学生の時に僕が発起人となって始めました。第一志望の大学に入れなかったこともあって、その反逆精神で何かやりたいな、と。んで、ジャズ研究会というサークルに入るのですが、結構みんな本気でジャズをやっていて。当たり前ですけど(笑)。したら、もう全然練習に参加してない当時の岸と近藤(ドラム、コーラス担当)が喫煙所にたむろっていて。「あっ、ダメな人たちがいる」って。


結構バンドは本気でやっていて月に1、2回はライブをしていたりしていたのですが、就職を機に一度だけ1年半程休止しちゃうんです。日経200に載るような結構大きな企業に採用されてしまって。忙しかったですねえ。

岸浩一郎(以下、岸) 僕は大学卒業後は就職せずにフリーターをやっていました。レンタルビデオ店と定食屋を掛け持ちしていて。都会暮らしの若い人にありがちなライフスタイルですよね(笑)。で、しばらくしてから、飯竹から突然電話が来て「仕事変えたから、時間が出来た。バンドやろう。」って(笑)。

飯竹 メーカーの会社員やっていたんですが、出版社に転職したんですよ。したら、前職と比べて暇なんですよ。全く期待されてなかっただけかもしれないけれど。(笑)だから、もう一度音楽やれるなあ、と。で、前の職場に鍵盤とかサンプリングとかそういったものに強い青山がいて。今、サポートで入ってくれているんですけど。それで、今のメンバーに固まったという感じですかね。

 当時は不思議な感覚でしたよね。久しぶりに会ってみて、「お、生きてた?」みたいな(笑)。

──んで、すぐに三鷹にスタジオ(現:ユーロスタジオ)を設立されて。普通いきなりやれないアクションですよね?(笑)。

 僕の親が使ってない土地があるというので、そこ使えるじゃんと思って。みんなそれぞれに仕事を抱えているので、分業で作業しないと先に進まないんですよ。毎回時間合わせてスタジオに入る訳にもいかないから。だから、みんなでお金を借りて小さいながらもスタジオを建てました。

──そこでミニアルバム「elephant statue」が制作される、と。

 はい、結構スピーディに出来ましたね。飯竹がね、曲を思いつくスピードが結構速いんですよ。制作は飯竹と青山くんがアウトラインを作って、肉付けをみんなでするというのが基本的なスタンスです。

飯竹 青山くんと近藤が結構いろんなジャンルの音楽に精通していて、かなり助けられましたね。僕だけが作るとどうしても既聴感のあるものになってしまうので、ひねくれた要素を入れてくれることで良い意味で異質な曲が出来ています。

──そんな中で、あの「ulps」からツアーの招聘があって?

飯竹 あれは事件でしたね。あれが無ければ、今のMinnesota shoreは無いです。だって学生時代から聞いていたインダストリアル界の重鎮が来日するからそのツアーの前座をやれと突如僕のgmailアカウントに来て(笑)。もうスケジュールを見ると会場の規模が凄いんですよ。今まで僕らは100人入るのかな?みたいなハコでやっていたのに、いきなり何千人単位で……(笑)。

 自分たちの機材で大丈夫なのか……みたいな(笑)。

飯竹 その時普通にガラクタみたいな機材でやってましたからね。近藤なんて自分のドラムセット持ってなかったし。

 

──で、半年後本当にそのツアーが実現して、そこからの反響はどうでしたか?

 「なんじゃこりゃ」というくらいメディアの露出が増えましたね……もうあのツアーをきっかけにレンタルビデオ屋などのバイトも辞めれるくらいに。でもあまりに現実味がなくて、同時に「このスピード感で続けられるのかな」と思い始めましたよね。音楽で飯を食うなんて全く思っていなかったですし。

飯竹 結構リアリストなので、この勢いはいつまでも続かないなと思うところがあって。だから自分が好きな領域で何かやれないかと考えて、在籍していた出版社のコネを使ってwebメディアを立ち上げました。

 今そこのライターとして在籍させて頂いているんですが(笑)。

飯竹 思うのは、やっぱり色んなことを運に任せたくないということですよね。人道を全うするというと大げさかもしれないですが、防御策を出来る限り張り巡らせて、結果どうだったかという風にしなければいけないと思うんです。どのみち人は生きていかなければいけないのだし、音楽をしているときはどこかに基準を合わせるという要素は少ないのですが、webメディアの運営やその他のお仕事はビジネス的な観点で、求めてきている人の希望に合わせてやっています。生き方が多様になってきている現代なので、自分の好きなことだけやって生活するというのにはある種危機感を持たなければいけないと思っています。

 

 おー、耳が痛いですね(笑)。

──ビジネスマンの観点とバンドマンの観点、主軸はどちらに置いているんでしょうか。

飯竹 ビジネスマンの観点を大事にしています。作曲以外のところでは特に。

──興味深いですね。バンド全体としては一体ですが、個人の考え方の拠り所はどこにあるんでしょうか。

飯竹 みんなそれぞれあるだろうけど、僕はやはり就職してからの経験だったりが大きいです。決まりごとの中である程度生活していて、それは一見自由じゃないんですけど、なにも制限がないとそれこそ不自由だということを感じて。だから、結構ビジネスライクにやっていると思いますよ。だから全部自由気ままにやってますみたいなところなんて当たり前ですけど、何もないです。

 僕は意外と単純に今風の若者の目線に近いと思いますよ。今年で僕は26になるんですけど、書籍からしか情報を得ていないんじゃないかというくらい本しか読んでいません。PCも滅多に触らないし、テレビなんて中学入ってから見てないんじゃないかな。いまの若い人ってどこか自分の好きなこととか興味とかに特化している気がするんですよ。だから、その感じに近いと思っています。

飯竹 バンドという共同体ではあるけど、馴れ合いみたいなところはないですね。いわば会社組織に近いです。ダメなところはダメだと言うし、ダレていたら引っ張りあげる必要がある。でも、そういう関係が凄く快適ですね。

──なるほど。ドライに活動をしている印象があったのですが、1年前くらいのライブで「もっと想像力を働かせるべき」という結構熱のこもったMCがすごく印象的だったのですが。

飯竹 その頃、公私共々バタバタしていて。僕の発言が各所に取り沙汰にされて、当時所属していたレコード会社からすごい注意を受けたんですよ。そのフラストレーションから出たMCですね。でも、大人の言う事を文面そのままの意味で取ることほど、アホなことないと思うんです。その先、その裏の文脈を汲んでいかないと、それこそ思考停止じゃないか、と。そこは結構バチバチしていました。自分のフィルターに透過させて、その結果間違っていても価値が生まれるじゃないですか。そっくりそのまま返す伝書鳩なら要らないと思っていたので。

──その後、レーベルから独立して、制作される発表しています。

飯竹 はい。一連のやりとりも終わったので、腰を据えるにはどこがいいかな、と考えまして。レーベルに所属する必要性もそこまで感じなかったし、ルールも自分たちで定められるために今の決断をしました。簡単なことではなかったのですが。

 

──今年の11月に2ndアルバムが発売されるとアナウンスされました。その作品についての今後の展望についてお聞かせください。

 とりあえず1stの手探り感が薄まったせいか、客観的にみると良い意味でこなれてきていると思います。これでウケなかったら手探り感を出すために当分音楽から離れてまたイチからやることを考えなきゃいけなくなりますね(笑)。

飯竹 あんまり深いことは考えておらず、素で作ったので、やりたいことをやったんですがいかがでしょうか、という感じです。これからは何となくなんですけど、実験的な試みをしたいと思っています。メンバー40人くらいにしたり、アカペラアルバム作ったり、考えだすと全然取り留めもないですね(笑)。

 曲数からみても16曲ボリューミーなのですが、難産ではなかったですね。次は難産な作品を敢えて作ろうかということを話したりしています。全曲コラボレーションしちゃうとか(笑)。

──今後は海外のライブを積極的にされると聞きました。もう一回りしたら、活動規模も倍くらいになっているのでしょうか?

飯竹 そうだと、いいですよね(笑)。バンドは存続できるのかな?

 解散するときはやることが思い浮かばなくなっちゃったときですかね。それでもまあ、レンタルビデオ屋には戻らないと思いますよ。次は漁船にでも乗ろうかな(笑)。

 

 

 

攪拌

◎月◇日
仕事をしていて感じるのですが、社会のシステムとしては必要だけれども、本音を言えば不要な仕組みが多すぎます。社会がオレに合わせろなんて口が裂けても言えないですし、他人の物差しにまで、口を挟める身分の人間ではありません。しかし、みんなが要らないというものをいつまでも残しておくと、この国の仕組みも用いる価値のないモノで埋め尽くされそう。あとは個人の度量の問題です。

△月×日
人の考えられるキャパは決められているのか。朝支度を夜のうちに行っておかないと、次の日の思考体力が朝支度分だけ削られていく気がします。同じく、感受性の容量も時期によって決まります。たとえば、文芸に寄りかかっているときは映画も音楽も触れる余裕が生まれません。私は文芸、音楽、映画を精神的支柱にしておりますが、このサイクルは2週くらいで移りかわる気がしています。
それに伴って、あれもこれも全部やりたいみたいな欲も薄れてきた気がします。「30代にもなると人生の主人公感がなくなり、他のモノゴトを考える余裕が出来てくるので、オススメ。」というネットの書き込みを、今なら何となく理解できるような気がします。いくら想像してもたかが知れており、現実はいとも簡単に自分の想像力を超えてきます。

※月▼日
27歳になるのが結構自分で信じられないことです。よく知られている偉人も死んだのが27歳だという方がまぁまぁ多い。そんな太く生きていないし、27歳も難無く生きていく自信があるのだが、一端のオトナとして見られるのが当たり前な年齢になってきていることをひしひしと感じている。

卍月α日
ネット社会に散見される「誰か私に問いかけてください」というスタンス。何か問われれば「〇〇です」と答えることができる。でも、大事なのは自分で問いを見つけることだ。どうありたいか?という問いを持ち続け考えることが大事だと思っているが、答えを固めるのが難しい。小さい頃から定型教育を受けてきたり、無数のインプットを浴びてきたからか? 世に既に在るモノから選び取るのではなくて、空気を読まずに、自分がどうありたいか今一度見つめる必要があるのかなと思ってます。

〼月✳︎日
改行することが思いやりだとは思うんですが、こっちの方が書くときには快適な気がしました。どっちがよいのでしょう?

インタビュー

昨日観た映画の主人公が迷いなく悪役の腿を撃ち抜いた

本屋に立ち寄ると必ず好みの女性を探してしまう

曇天の平日休み 連綿と続く丘陵

どんな態度で生きてても  食事は摂らなければいけない

小学生にとって 先生の存在がエジソンより尊い

 

雨露と牛丼 腰痛と郵便局

外国人のTシャツに「急速冷凍」の文字

胃もたれとパンタロンパンツ

強いのはどっちでしょう

朝に嗅いだシャンプーの匂いで行く末を知れ

 

アラブの春 世田谷区の夏

ジャスミンライス ベンジャミンバトン

聞こえるでしょう 中年の囀り

泡沫政権 週末の口答え

音楽が水物商売と呼ばれていた時代を思え

声が大きいことを自慢に思っている男

 

隣に座った人がこんな話をしていた

「絞首刑を受けた人間の家族には請求書が届く

受け取った家族はその金額に頭を抱える

過ぎ去ったことより、いま手元にある紙の方が存在が重い。」

守られず、誰の為の正義か

不慣れなあの子

あまりにも感動してしまうことが

数時間前に起こってしまい、

心の整理がつかないので

これは記さないといけない!!

という半ば義務感で書いている。

 

私は今日、朝から打ち合わせの連続。

クライアントに提案を2本、

赤坂に移動し、最後は古巣の

(とはいっても、半年前までは

毎日のように通っていた)秋葉原で、、、

という過密なスケジュール。

天気もすっきりせず、そのスケジュールも

相まって心の中も天気に同調するように晴れないままだった。

 

事件はその秋葉原で起こる。

私は秋葉原で何をしたかというと、

あるアイドルグループのローンチイベントが

行われるという情報を得たので、

そのイベント観覧をしなければいけなかったのである。

 

私がいまの勤めている会社で行っているのは

社内全体のリソースを用いた「広告営業」である。

女性誌、音楽、アニメ、テレビ、webメディアと

幅広い分野を稼働しているので、

ある時はカメラの展示会、

ある時はアニメのイベントにと、

まさに「ニシヘヒガシヘ」と日々動き回っている。

 

今日のイベントはスマホゲームから端を発しており、

作品上のアイドルグループの声優をやっている

女の子5人が実際にグループ活動を始めるというものだった

それだけだと全くこちらとしては商材にならないという判断になるのだが、

バックには大手ゲームメーカーと

大手音楽レーベルがついていたので、

提案の材料になりえるということで、

観覧に至ったという経緯である。

 

時間は18時。会場には様々なメディア、

媒体の関係者が準備を行っており、

カメラやノートパソコン、メモなど

各々の臨戦態勢を敷いていた。

私と先輩社員の2人は取材のスキルは

持っていないので、名刺のみ準備しておけばよい。

仕事は果たしたので、

あとは静かにイベントを眺め、立ち去る算段をしていた。

そんな中、メディアの囲み取材が始まった。

簡単なSEの後にアイドルたちが登壇する。

「ん・・・!」、顔を眺める。

ふっ・・普通だ!!

格好はいわゆるメイドコスチュームを基点とした、

萌えの要素が入っているものの、

ルックスはアイドルとして「普通」だ!!

(十分に世間では可愛いレベルに達している。)

撮影の後に、質問タイム。

ホコリを被った義務的とも言える質問に

アイドルは全力で応えていく。

そんな中、不慣れで言葉がなかなか出てこない女の子がいた。

それもそのはず、この5人の中、

2人は声優活動を行ったことがなく、

オーディションで選ばれた「素人」なのである。

一番長身である「不慣れなあの子」は

「場に不慣れという個性」を

武器にできている印象もなく、

気の利いたことも言えずにいた。

取材が終わると、一般客が押しかけてきた。

部屋の収容人数は100名ほど。

あっという間に部屋は男臭さで満たされてしまった。

僕らメディア陣は一般客追いやられ、

後方で観劇することとなった。

一番、後方席右端にその場に

似つかわしくない2人が視界に入る。

私は即座に気づいてしまった。

あの不慣れな女の子の親だ、と。

父らしき人物は客を見て、

口を弓なりにして非常に苦い顔をしており、

母らしき人物は客を見て、

ハンカチで口元を押さえ不安そうな顔をして

舞台を見つめていた。

 

イベントがスタートする。

イベントでは2曲、生歌で披露されるという。

この日のためにスクーリングをし、

準備を行ったという情報を伝えられていたものの、

あんな不慣れな受け答えを見てしまうと

こちらが不安で押しつぶされそうだった。

部屋が暗転し、アニメーションが流れる

学園祭、アイドルを目指すといったよくある展開。

楽曲が始まった。

5人が再び登壇し、歌い、踊り始める。

思ったより悪くない。

踊れているし、やはり歌が上手い。

 

その後、一般客向けに自己紹介が始まり、

キャラを模した意気込みが語られる。

メンバーは「一番かわいいアイドルになりますっ!」

とか

「バームクーヘンが大好物ですっ!バームクーヘンちょーだい!」

といったキャラを絡めた自己紹介を難なくやってのけた。

しかし、不慣れなあの子は

「あっ、あの〜〜、これから頑張っていきます!」

というセリフを2回も繰り返してしまった。

メンバーのサポートもあり、

会場は温かい拍手を送っていたが

表情は明らかに緊張は解けていないままであった。

 

2曲目が始まる。少し壮大なPOPなナンバー。

クオリティはやはり高い。

メンバーがそれぞれに全力で歌い上げ、

縦横無尽に踊っていた。

観客もそれぞれ楽しそうだ。

曲が終わる。観客の拍手が辺りに響く。

すると、不慣れなあの子は両手で顔を覆った。

泣いているのだ。

ステージを終えたことで、嬉し泣きをしているのだ。

その場では私は「これ計算だったらすごいっすよね」

という腹黒発言を

先輩社員に言い放って笑いを得たのだが、

心では大泣きしていた。

 

はて、これまで私は仕事で泣いたことがあるだろうか?

記憶の引出しを探ってみたが、見当たらない。

しかし、あの子は涙が抑えきれなくなっている。

全力だったのだ。

舞台は武道館でもドームでもない。

秋葉原ゲーマーズというアニメ作品が

陳列されているただのショップだ。

 

ふと、後ろを振り返る。

その子の父らしき人物はハンカチで目頭をぬぐっていた。

彼女たちは「武道館とかに立ちたい」と言っていた。

とかってなんだよと思ったのだが、

50歩ほど退いたところで気にかけておきたい。

武道館とかに立つその日まで。

言葉と機器

バンドの練習をしていた頃、

歌メロの重要性について

色んな意見が飛び交っておりました。

僕は詞先のバンドの経験がなく、

曲先が良いかは全く判断がつきません。

 

そこで、、、

日本人の歌に集中して曲を聴いてみました。

秀逸な詞がたくさんありますね、改めて。

で、大体、そういう詞の曲はメロも良い。

 

ここ最近聴いていて首を垂れたのは、

GRAPEVINEの「虎を放つ」。

仮に音楽界に芥川賞があれば、

私的にノミネートしたいのが、

GRAPEVINEですね。

 

星は涙になり 空を濡らした

涙は虎になり 放たれた

 

こんな芳醇な表現を読むと、

豊かな気持ちになりますね、、、

 

次に「EVIL EYE」の一節だけども、

 

危機があるから 俺は生まれるぜ

まことしやかな説

Kinky Girl さあ恋は生まれるか

吊り橋にでも出掛けよう

奈良県

 

言葉の抽斗が多いっす。

言葉を楽器として扱っていて、

面白い表現としても成功しておる。

あぁ、文芸作品の域です、、、

 

え?FUJIROCK行きたいね。

という話をしたいだけです。

 

===================================

 

就活生の相談みたいなものを受けたとき、

エントリーシーの話になったことがあった。

僕はメディア畑の人間になってしまったので、

代理店とかを志望している子の話を

聞くことがあって、

んで、嫌なエントリーシートの設問はなんだ?

と聞かれると、

「廃校を使ったイベントを企画せよ」

だとか

「A4用紙に自分を表現してください」

とかありましたねえ、、と答える。

 

その中でふと思い出したのだが、

「新SNSを企画してください」という

設問がある企業ではあった。

当時、僕はこう答えた。

「すれ違った人間が友達になれるヤツ」

まさに今流行りのッ、、、

出会い系アプリじゃないかッ!!

と、先週カレー屋で叫びそうになった。

その頃の日本でまだ存在していなかったと思うが、、、

提案しても遅かったカモですね。

(捉えようによっちゃmixi

出会い系みたいなもんだったし。)

 

出会い系アプリが台頭してきたことによって、

往年のラブソングが時代に合わなくなってきていると

感じたときには先週のカレー屋と違い、

喫茶店でため息をついたものデス。

 

時代は巡る

いまあるものは古く

ないものが新しく

基準はその人々の頭に

 

ということでしょうか。

ホットソイと叱責

◆季節が夏めいてきました。

つい最近まで寒さで縮んでいた

身体も調子もよくなってきました。

僕は何を書こうか、と電車の中で

考えるのだけど、この気候だと

3歩進むとほぼ覚えていない。

ご機嫌な脳の構造をしています。

 

◆そうそう、つい最近、 仕事を変えたのです。

転職自体は去年の3月から

必ずすると決めていました。

 

1.居住地を変える

(出費のインパクトを抑えるため)

2.仕事を変える

(興味のある分野に進むため)

 

これらを去年中に行うはずだったのですが、

後手後手になってしまい、

ようやくこの4月に完遂させました。

 

新卒のカードを切って入った会社だし、

特別なスキルを持っている訳ではないので、

それなりにリスキーな選択でした。

が、ずるずると不満を抱えたまま

20代を消費する必要も全くないなという

ただ一つの理由で活動を開始しました。

 

◆それなりに反対もありました。

そんなのやってみて判断すりゃいいことで、

失業保険など制度の整った恵まれた国なので

死ぬこともありませんし、

なんも心配してませんでした。

 

金融機関に曲りなりにも勤めていた

人間としてアドバイスすると、

・注意力散漫な人

・人の好き嫌いが激しい

・コロコロと興味の対象が変わる

上記に一つでも当てはまると

難しいのかなあと思います。

 

◆勤めていたことで得られた力もあります。

①批判的になれる

マイナスっぽい書き方ですが、

全然そんなことありません。

めっちゃ必要なことだと思います。

まず無思考な人に批判することは無理です。

本当かな?という疑念を持って物事にあたる。

この能力がめちゃくちゃ鍛えられます。

僕みたいな単純な人間は

思考プロセスを幾重にも張ることが重要です。

 

②社会人マナーを効率よく身に着けられる

これは言わずもがなで、

金融機関で勤めるということは

サラリーマンの極北に身を置くことなので、

マナーをそれなりに求められるということは

想像に難くないでしょう。

 

③物事細かくなる

フォント不整合、日本語の違いに対して

ものすごく細かくなります。

神経質じゃねえか、

と嫌厭されるかもしれないですが、

意外と身に付けといてよかったなと思います。

クオリティってどこで判断されるか

わからないので、この力が

いつ生きてくるかわかりません。

 

どんな環境にいても、なにを得るかは

その人次第。

僕はそのまま惰性で生きていたら

得られないコトを

前の会社で勉強させていただきました。

非常にいい環境でしたし、感謝おりますゼ。

Guomundsdottir

母親がよく車で「米米CLUB」、「山下達郎」を流していました。

なので音楽に触れる場面は並にあったのですが、

本当に音楽を意識して聞き始めたのは、当時「Viewsic」(今のM-ON TV)で

くるり」の「ワールドエンド・スーパーノヴァ」という曲の

MVでボーカルの岸田繁がスローモーション伸脚運動のような

動きをしているのを観たことに依ります。

僕はそのMVに衝撃を受けて、坂を下った所にある

TSUTAYAにお小遣いの大半を握りしめて

CDを購入した覚えがあります。

そのカップリングに入っている、レイハラカミの「ばらの花」

ワンダーフォーゲル」のリミックスも全て小学6年生だった

僕の耳には新鮮に入り込んできました。

 

その後、僕は間髪入れずに「スーパーカー」の

「Recreation」のMVを目にします。

構成はシンプルなのですが、あのボーカルとギターの音に

夢中になりました。中古CDで探し当て、210円で購入。

擦り切れるほどに聞き込みました。

 

その後、中学に上がり、ドラマ「天体観測」を目にします。

「あっ!そいやあBUMP OF CHICKENっておるな〜。

木星のジャケのCDあったよな?聴きたい!」

と思い、またもやCDを買いに最寄りのGEOへ。

これが基になり、バンプのコピーバンドを組むことに。

お前はドラムやれと言われ、3日間だけ練習をして

文化祭に出たのも良い思い出です。

 

中3では友人が東京で「the band apart」の

quake and brook」をジャケ買い。(いいセンスをしているナ)

このアルバムが僕に与えた影響は本当に大きく、

こういうバンドを俺は組むんだ!とずっと思っていました。

友人に対抗して「K.and his bike」を購入。

 

大学ではエモとかマスロックに傾倒します。

・American Football

・Algernon Cadwallader

・Adbisi shank

いろんなバンドの音源を聴きました。

 

こう書き上げるとなんでも歴史があるのねと再認識。

広く浅くなのでそんな語るほどでもないのですが。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「LA LA LAND」を観た。

観たあと心温かくなったのですが、みんなはいかがですか。

(僕の周りでは悲しいヨとか喪失感を感じたヨ

とかいう感想で溢れています。そうではないと思ったのですが、、、)